薬用ネクアとプロアクティブ


ニキビケア用品といえば、薬用ネクアとプロアクティブです。

 

薬用ネクアとプロアクティブの1番の違いとは成分です。

 

成分の違いを説明します。

 

薬用ネクアは13種類の植物の花や茎、フルーツ、発酵乳製品などから抽出した
天然由来成分配合です。

 

13種類の成分は、

  • キウイエキス
  • カモミラエキス
  • セイヨウハッカエキス
  • ブドウ葉ハッカエキス
  • ローズマリー葉エキス
  • チャ葉エキス
  • ハマメリスエキス
  • ユズセラミド
  • アーティチョークエキス
  • 西洋ナシエキス
  • ホエイヨーグルトエキス
  • レモングラス 葉.茎エキス
  • ユーカリエキス

天然由来成分の力で肌を健康にしてニキビを良くする製品です。

 

肌質に合わせて選ぶ事が出来るので自分の肌に合っている物を選ぶ事が出来ます。

 

 

プロアクティブは、肌の新陳代謝を促すサリチル酸とニキビの炎症を止めるグリチルリチン酸にホホバオイルなどの成分も配合されています。

 

製品の大きな特長はピーリング効果で有効成分を毛穴の奥に届けるスマートテクノロジーを採用しています。

薬用ネクアとプロアクティブの使い方の違い

薬用ネクアはいつものスキンケアを薬用ネクア製品の洗顔、化粧水、保湿液におきかえるだけてす。

 

洗顔料は弾力泡がたつのでお肌を傷つけずマッサージするように洗顔します。

 

化粧水は洗顔後すぐにコットンで拭き取りつけします。

 

保湿液も化粧水でお肌を整えてからすぐに手のひらに出し顔全体にのばします。

 

 

プロアクティブは薬用洗顔、薬用美容液、薬用クリームの3ステップは似ていますが、洗顔方法も美容液のつけ方もクリームのぬり方にも決まりがあります。

 

薬用洗顔料は泡立たないタイプでティースプーン大をのばして朝晩使用、薬用美容液はパール粒大をのばして朝晩使用、薬用クリームもパール粒大をのばして朝晩使用です。

薬用ネクアとプロアクティブの値段の違い

薬用ネクアは7000円以下で公式ネット通信販売なら半額(送料別)で購入出来ます。

 

ドラッグストアなどでの取り扱いもあります。

 

プロアクティブはキャンペーン期間中なら送料込5500円ぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

<薬用ネクアとプロアクティブの概要>
ニキビケア用品として注目を集めている物と言えば、薬用ネクアとプロアクティブが有ります。
両方ともニキビを良くする目的で利用するものなのですが、実際には違いもいくつかあります。
では、両者の違いとはどういった物でしょうか。

 

薬用ネクアというのは、天然由来成分を配合している製品で、植物の力を利用して肌を健康にする事によってニキビを良くする効果を期待する製品となっています。
また、そこに含まれるのは13種類の植物やフルーツなどとなっています。

 

ただ一般的な天然成分配合の物と大きく違うのは薬用成分も配合されているという事です。

 

その為、高い効果は期待出来、さらに香りや使い心地も良く肌を丁寧にケアする事が出来る製品となりました。

 

 

また肌質に合わせて選ぶ事が出来る為、より自分の肌に合っている物を選ぶ事が出来ます。

 

 

さらに販売に関してはドラッグストアなどでの扱いもあり、公式ネット通販では特別キャンペーン価格で購入できます。

 

 

プロアクティブは、ニキビをケアする用品として有名な物で、テレビCM等も沢山放送されている為、知っている人も多くいる製品です。
この製品の大きな特長はピーリング効果です。

 

 

また有効成分を毛穴の奥に届けるスマートテクノロジーを採用しているため、より高い効果が期待できる製品となっています。
しかし実店舗での販売は無く、一般的には通販、若しくは自動販売機での扱いとなっています。

 

 

この様に、成分、期待できる効果、販売方法等が薬用ネクアとプロアクティブの違いと言う事になります。